FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

= 失ったもの =

56c1287f.jpg
『僕は37歳で、
そのときボーイング747のシートに座っていた。
その巨大な飛行機はぶ厚い雨雲をくぐり抜けて降下し、
ハンブルク空港に着陸しようとしているところだった。

飛行機が着地を完了すると禁煙のサインが消え、
天井のスピーカーから小さな音でBGMが流れはじめた。
それはどこかのオーケストラが甘く演奏するビートルズの「ノルウェイの森」だった。

僕は、
自分がこれまでの人生の過程で失ってきた多くのもののことを考えた。

失われた時間、
死にあるいは去っていった人々、
もう戻ることのない想い。』

1987年初刊、
村上春樹氏のベストセラー小説『ノルウェイの森(上)』の第1章より抜粋してみました。

おはようございます。

昨年のこと。

書店で目にした懐かしいクリスマスカラーの文庫本たち。

春樹氏の独特な性描写と世界観が話題となった作品でした。

映画化されることになったそうです。

私の中で、
もう一度読まずにはいられない衝動が湧き起こり、
迷わずに購入していました。

初刊から23年。
小説は今も変わらず、
変わったのは読み手の私でした。

読みながら、
不安とも違う、
寂しさや哀しさとも違う、
深くて言葉に出来ない小さな感情を抱いていたあの頃の私を、
懐かしく思い出すことが出来ました。

映像化された春樹氏の世界観。
映画が楽しみです。

それでは、
本日も…
明日も…

三連休の方も…
お仕事の方も…

お元気でお過ごし下さいませ。

   Hitomi
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
69000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
2130位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。